『流山時代ブログ』 ~脱サラドライバーの気ままな探検記~

流山市に移り住んで3年。隣接する地域の情報や配送業といった物流に関わる仕事などをテーマに記事を書いていきます。

仕事上、流山に拠点を置くメリット

私は軽貨物による個人事業主ドライバーである。もとは松戸で開業したが、3年前に流山に移り住んだ。流山は、車での都内へのアクセスは遠まったが、肝心なのは荷物の積地である。現に流山は大きな物流拠点もあり、新規に建築中のものもある。また、近隣の柏、野田でも荷物が出る拠点が多くあり、埼玉県の春日部、越谷、川口、さいたま市も近い。さらには茨城県へのアクセスも悪くない。行き先はだいたい都内。この仕事、緊急で発生するケースが大変多く、対価も距離精算であるので、わざわざ都内まで荷物を取りに行って都内で卸すより売上は良くなる。そういった意味で、積地に出来るだけ近い場所に居を構えるというメリットは大きいと言える。